SSブログ

『Luka 』スザンヌ・ヴェガ [音楽]

最近のニュース・・・小さい子どもが虐げられている事件の何と多いことでしょう。

何気なく棚から抜き出して聴いていたスザンヌ・ヴェガのアルバム『SOLITUDE STANDING(邦題:孤独)』。

1曲目の「Tom's Diner」はお気に入りの曲で、簡単な英詩ということもあり口ずさみつつ、2曲目へ・・・。

あぁっ! そうだった! 2曲目は「Luka」だった!
「Luka」は、Lukaという少年が階下の住人に話かける・・・というシチュエーションの歌詞になっています。
幼児虐待の歌です。このアルバムが発売されたのは1987年です。
当時は(やっぱりアメリカは怖いわ・・・)と対岸の火事のような浅薄な考えでいましたが、今の日本は、この歌の内容が現実に日々起こっているのですね。

Luka君は「not your business」と言っていますが、
たとえ虐待者に
「あんたに関係ないでしょ。これは、うちの躾なんだから!」と言われようが、声を上げるべきときには声を上げなくては・・・と強く思いながら、この曲をリピートして聴きました。 

Solitude Standing

Solitude Standing

  •  Suzanne Vega
  •  A&M
  •  1990/10/25
  •  CD


タグ:音楽 1980年代
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。